オトナ女子が選ぶ、恋愛や仕事、結婚など様々な分岐点で役に立った漫画や話題の漫画をご紹介します!

オトナ女子が選ぶ 「人生に役立つ」漫画たち

前向きになれる漫画

大人でいることに疲れた時のおすすめ漫画シニカルヒステリーアワー

更新日:

シニカルヒステリーアワー
出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/309173/volume1/

責任、付き合い、ご機嫌伺い…。

「大人ってつらいなあ、子供はいいよなあ」と思ったことはありませんか?

「大人でいること」に疲れたり、ちょっと嫌になっているあなたに読んで欲しいのが
「シニカルヒステリーアワー」です。

読み終えた後、あなたはきっと「大人のあなた」をポジティブにとらえることができるはずです。

 

「大人でいること」が悪くないと思える

人が子供の頃を思い出すとき、その記憶の多くは「無邪気だった」「純粋だった」
などポジティブなイメージが伴うものだと思います。

でも、もちろんそんな美しいものばかりだったわけではなく、
「悲しいこと」「腹が立つこと」といったネガティブな経験もしているはずです。

もしあなたが今、子供時代に戻れたらどうでしょうか?
毎日ただただ楽しいでしょうか?

おそらく、そんなことはありません。

子供の世界は大人とまったく同じだからです。

合わないクラスメート、かわいい女の子への嫉妬、言いたい言葉をぐっと飲み込む我慢、
複雑な家庭環境や淡い恋心…。

もしもあなたが今の生活にちょっと疲れて、子供の頃を思い出すことがあるならば
「シニカルヒステリーアワー」を読んでみてください。

 

「シニカルヒステリーアワー」あらすじ

シニカルヒステリーアワー
出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/309173/volume1/

舞台は黄桜小学校。

ここに通う生徒たちが本作の主人公です。

本来の主人公は小玖保キリコという常識的な女の子なのですが、そのいじわるな友人、
ツネコの存在感に圧倒されてしまい、のちに主人公の座をとられてしまいます。

彼女たちをとりまく個性豊かなクラスメートたちによって繰り広げられる日常が
「シニカルヒステリーアワー」の「あらすじ」です。

彼女たちは日常の中の様々な出来事を通じ、少しづつ大人になっていきます。

1話で完結してしまうお話が多い為、予備知識があまり必要でないのも大きな魅力だと思います。

玖保キリコさん作、「シニカルヒステリーアワー」は1982年から1995年まで
白泉社「LaLa」にて連載されていました。

単行本は全14巻となっています。

その独特なゆるい絵柄からは想像できないようなピリッと辛いセリフや、
子供の心を的確に捉えた物語が好評で、多くのキャラクターグッズが発売されるなど
大変根強い人気のある作品です。

また現在は大人になった彼女たちを描いた漫画「くるくるシニカル」が「Silky」にて連載中です。

>>くるくるシニカルを立ち読みしてみる

このことからも未だに多くのファンをもつ人気作品であることがよくわかります。

 

大人の心に刺さる子供たちの名言

子供の言葉は時になによりも深く、大人の私たちをはっとさせることがあります。

「シニカルヒステリーアワー」もそんなはっとする瞬間で溢れているのです。

軽くついたうそをあれこれ説明することほど 惨めなことはない(キリコ)

まったくその通りです…。あなたにもそんな経験ないでしょうか?

子供も同じことを感じて生きているのですね。

よくわかんないけど カッコイイ!!(あん吉)

ツン太に憧れを抱く少年、あん吉が心の中で彼に感じた素直な気持ちです。

理由はないけど好き、綺麗、カッコイイ!と感じること、
心が確かに動いたその瞬間を素直に捉えることはとても大事なことですね。

ギョギョームください(ツネコ)

ケーキ屋さんにあったとっても美味しいケーキ、名前なんだっけ?

確か、こんな感じの…。とツネコとキリコがクラスメートに伝えた名前が
「ギョギョーム」です(本当のケーキの名前は「モン・ビジュー」)。

その呼び名と美味しさが評判になり、やがてそのケーキは本当に
「ギョギョーム」という名前になるのです。

ケーキに合わないとか、恥ずかしいといった感情から大人の私たちには、
こんな命名絶対できませんね。

変な名前でも、彼女たちは美味しいケーキがあることを純粋に伝えたかったのです。

 

ツネコやののちゃんといった、個性の強い魅力的なキャラクター

シニカルヒステリーアワー2
出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/309173/volume5/

なんといっても個性豊かなキャラクターが「シニカルヒステリーアワー」の魅力です。

あなたのクラスにも当てはまるキャラクター、いませんでしたか?

また、あなたは誰に当てはまるでしょうか?

・ツネコ

キリコに変わって本作の主人公になった女の子です。乱暴者で意地悪、勉強はさっぱりだがスポーツはめっぽう得意といった、いわゆる典型的な「悪ガキ」です。しかし性格が明るく、みんなから憎まれるようなことはありません。

・キリコ

もともとの主人公の女の子。常識的で物分かりがよく、争いごとが嫌いです。ずけずけとモノを言うツネコに傷つけられて考え込むこともしばしばあります。しかし喧嘩を避けたい彼女は、ツネコに言い返したりせず、ぐっと言葉を飲み込み我慢してしまいます。

・ツン太

学校では地味で、ぼやっとした顔をしているのですが、実は大のパンクロックファン。そろばん教室に通っており、そこへ行くときはいつもサングラスに革ジャンといった派手なファッションでキメています。そのことをクラスのみんなには秘密にしていましたが、物語が進む中でばれてしまいました。

・学

勉強もスポーツも成績優秀なザ・優等生。学級委員をしーちゃんと努めるなど、まさに絵に描いたような秀才ですが、かかとを床につけたままの屈伸ができないという小さな弱点をもっており、みんなには内緒にしています。

・ののちゃん

おとなしく可愛らしい女の子。女の子らしい服が大好きで、毎日クラスのみんなにかわいいと褒められます。その大人しさが災いしてツネコによくいじめられてしまうのですが、実は強いツネコに密かに憧れていたりします。物語の中で、親の離婚と再婚を経験し悩む日々を送ったこともありました。

・沢の井くん

みんなから苗字で呼ばれている、気の弱い男の子。突出して得意なことがないのと地味な存在感のせいでツネコによくいじめられてしまいます。しかしツネコが泣いてしまったときに励ますなど、男らしく優しい一面もあります。

・しーちゃん

本名がしずかなので、みんなにしーちゃんと呼ばれています。クラスのお母さん的存在でいつも頼りにされますが、断れない自分の性格に悩むことも多々あります。祖父母がドイツ人なので、色素の薄い肌と髪をしており、実は将来アイドルになるという夢があります。

 

最終回はどう締めくくられたか

日常を描いた漫画には、派手な終わりかたがないものですが、
「シニカルヒステリーアワー」の最終回はどんなものだったのでしょうか。

なんてことない日常を送っていたキリコたちですが、
ある日ツネコが静かに泣きながらトイレの個室から助けを求めてきます。

実は、ツネコに初めて生理がきてしまったのです。

みんなより成長の早いしーちゃんはすでに始まっており、
「安心していいよ」と彼女をなだめます。

その様子を「私よりツネコちゃんにはやく初潮がくるなんて…」と
ショックを受けながら見ていたキリコでしたが、
「私たちはこうやって大人になっていくんだな」と何か悟ったような、
寂しいような気持ちで思うのでした。

最後のコマは、映画館のスクリーンに映っていたそれまでの自分たちの日常を
キャラクターたちが眺めているという、なんとも考えさせられるものになっています。

>>シニカルヒステリーアワーを立ち読みしてみる

 

実はアニメ化も映画化もしている!

当時主流だった「キラキラした女の子」が主人公の少女漫画とは全く違う、
異色の存在だった「シニカルヒステリーアワー」ですが、
実はアニメと映画のどちらにもなっています。

映画に関しては作者の玖保キリコさん本人が直々に監督を務められ、
各8分という上映時間の映画が4本作成されています。

また、国際アニメーションフェスティバルにも出品され、そ
の後映画のサウンドトラックや絵本も作成されました。

 

まとめ

子供はいいなあ、なんてあなたが思うことがあれば、「シニカルヒステリーアワー」を思い出してみてください。

あなたと同じように悩み、考え、悲しみ、我慢をしています。

子供から大人になるということは、決して「人生が辛くなる」のではありません。

むしろ大人の方が、様々な出来事への耐性があるため、人生は楽になっているかもしれません。

理不尽なことに対し、「なぜ?」と悩むのではなく「こういうもの」と
受け止められる私たちの心は、傷つくことをちゃんと回避できるようになっていくものです。

子供のように「純粋」であることや、「素直」であることは美しく尊いことであると同時に、
あなたの心を大きく傷つけてしまう可能性も含んでいます。

子供たちは子供たちなりに、初めて出会う大きな痛みや感情に
対処していかなければならないのですから大変です。

そう考えると、経験のある私たち大人も悪いものではない、と思えるのではないでしょうか。

「大人でいること」に疲れたら、ぜひ「シニカルヒステリーアワー」を読んでみてはいかがでしょうか。

ライター:m.nakagawa

関連記事はこちら♪

スポンサードリンク

Sponsored Link


スポンサードリンク

Sponsored Link


-前向きになれる漫画

Copyright© オトナ女子が選ぶ 「人生に役立つ」漫画たち , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.