オトナ女子が選ぶ、恋愛や仕事、結婚など様々な分岐点で役に立った漫画や話題の漫画をご紹介します!

オトナ女子が選ぶ 「人生に役立つ」漫画たち

恋をしたくなる漫画

漫画「ひるなかの流星」を読むと、恋愛がしたくなる女子が急増中♡

投稿日:

ひるなかの流星漫画
出典:http://www.ebookjapan.jp/ebj/141927/volume1/branch6/

漫画を読んでいてキャラクターたちと同じように何かしたくなるということがあります。

今回ご紹介する「ひるなかの流星」は、まさにそのように感じるもので、
読んでいるとすごく恋愛がしたくなります。

恋愛に立ち向かっているキャラクターたちを見ながら、自分もこんな恋愛がしたい!
と思える作品なんです。

 

「ひるなかの流星」のあらすじ

「ひるなかの流星」は、集英社のマーガレットにて2011年12号から2014年23号まで
連載されていたやまもり三香先生の少女漫画です。

単行本もすでに完結していて全13巻、といっても13冊目は番外編といった感じで、
主人公すずめの友達の恋愛模様が描かれています。

舞台は主人公の与謝野すずめが、両親の海外転勤によって諭吉という叔父のいる
東京で暮らし始めるところから始まります。

元々は田舎暮らしだけあって、正直すごくダサくて、後に友達となる「ゆゆ」からも
芋と言われるようなすずめです。

本当におしゃれとは縁がなさそうで、すごくマイペース。

服を買うよりご飯を食べるというくらいの子ではあるのですが、途中からすごくかわいくなります。

そのきっかけがずばり「恋愛」なんですね。

「恋する女の子はかわいい」とよく言われますが、まさにその通りで、
この作品の面白さの1つが恋愛を知ってかわいくなっていくすずめを見ることだと思います。

そんなかわいいすずめを見ていると、本当に自分も恋愛したくなりますし、
恋愛って良いなぁ、恋愛してる人たち頑張ってほしいなぁと思えます。

 

「ひるなかの流星」の名言

与謝野すずめより

「私が私らしくなくなる」

あれ、自分らしくなくなって良いの?と思うかもしれませんが逆なんですね。

今まで常に自分らしく突き進んできたすずめが、恋愛をして、好きだと感じる人の前にいると
自分らしくいられなくなってしまうという何とも乙女なセリフです。

好きな人の前だといつもしていることが緊張してできないとかありますよね。

それが作品の中でもちょこちょこ描かれていて、自分がそうなると恥ずかしいですが、
やっぱり恋愛したいなあと思ってしまいます。

 

馬村大輝より

「オレが 自分から触れた女はお前が初めてなんだけど」

馬村というクラスメートは女性が苦手で、女性と触れると顔が真っ赤になってしまいます。

そのため女性を必死に避けてきたのですが、そんな馬村が自分から触れるくらい
すずめのことを好きになってしまうんですね。

これも上記のすずめと同じように好きだからこそ、いつもと違う部分が出てしまう
といった感じなのでしょう。

恋愛は本当に自分でさえ知りえなかった自分が出てきます。

それだけ恋愛は大きな存在となることが分かりますし、そんな感覚を体験するためにもやっぱり恋愛がしたくなりますね。

>>2017/3/31まで「ひるなかの流星」1巻・2巻が全ページ無料で読めます!

 

「ひるなかの流星」の映画

ひるなかの流星映画
出典:http://hirunaka.jp/

2017年3月24日より実写映画が公開されます。

漫画の実写化映画が多くある中で「ひるなかの流星」も例にもれず実写化されるわけですので、
どれだけ人気作品かが分かることと思います。

主人公のすずめ役を永野芽郁さん、すずめの初恋の相手となる獅子尾先生役を三浦翔平さん
三角関係に燃えるクラスメート馬村役を白濱亜嵐さんとそれぞれ人気のある方々で揃えられています。

劇場版ということで実質12冊分ある内容をどのようにまとめられているのかが
非常に楽しみな映画ですね。

動きがある分、漫画よりもよりすずめが恋愛を通して変わって行く姿や、
好きな人を想っている素敵さが伝わるのではないでしょうか。

男性2人が実際にイケメンな方とあって、より恋愛したくなる女子が増えそうな予感がします♪

 

「ひるなかの流星」のLINEスタンプ

ひるなかの流星

集英社より配布されていて、LINEマンガというアプリをダウンロードし
「ひるなかの流星」をどの巻でも1冊ダウンロードすると、
LINEスタンプがもらえます。

特におすすめが馬村の「俺のこと好きになればいいのに」というセリフのスタンプですね。

出会った頃はつんつんしていた馬村ですが、あんなにも切ないような顔で言われると
私なら「好きです」と思わず答えてしまいそうになりますが(^^ゞ
それでも先生のことが大好きなすずめを見ていると、それだけ強い気持ちで先生を想っているのが分かりますね。

先生に対する強い想いがあるからこそ、変わっていったすずめ。

恋愛って自分を変えてしまう魔力みたいなものがありますよね。

そんな感覚を体験するためにも、また本気の恋愛をしたいなぁという気持ちになります。

 

まとめ

「ひるなかの流星」では、恋愛にあまり縁のなかったすずめが恋を知り、恋されることで、
すごく変わっていく姿を見ることができます。

そして最後にはっきりと「あの人を好きになって良かった。初恋でした」と思えるくらい成長します。

こんなに真っ直ぐな恋模様を見ていると、純粋に恋したくなりますね(#^^#)

あなたが最近、恋愛から遠ざかっていたな~と感じたなら、ぜひとも「ひるなかの流星」を読んで、
恋愛シュミレーションをしてみませんか?

>>2017/3/31まで「ひるなかの流星」1巻・2巻が全ページ無料で読める!

関連記事はこちら♪

スポンサードリンク

Sponsored Link


スポンサードリンク

Sponsored Link


-恋をしたくなる漫画

Copyright© オトナ女子が選ぶ 「人生に役立つ」漫画たち , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.